NEWS・トップページ ●保有技術  ●計測サービス・技術相談  ●実験室・データギャラリー  ●会社案内  ●アクセス、問い合わせ

Data Gallery

このData Galleryでは、弊社研究室にて得られたデータを展示いたします。
順にデータを増やしていきます。
高速度現象の世界をお楽しみ下さい。  
 リンク先: 高速度撮影は、アンフィ 有限会社ホームページ http://www.anfoworld.com/
でも詳しくごらんになれます。


1, 大気中に広がるレーザ励起衝撃波


レーザ励起衝撃波の撮影を行いました。
下の写真はパルスYAG Laserを銅板に照射し、発生した超音波(衝撃波)が空気中に広がる様子を捉えたものです。
衝撃波による屈折率変化をシャドウグラフ法で可視化し、これを電子管型高速度カメラで高速時間分解撮影しました。
超音波が空気中を広がる様子が鮮明に捉えられています。
それぞれのタイミングにおける瞬間像が8枚並べられています。
撮影の順番とタイミングを画像に記入しました。

 

撮影条件
パルスレーザ照射後12 μsまで2 μs毎に撮影。露光時間は50 ns。
視野は
, 13.2 mm(H) X 19.2 mm(V)


2、エアスプレーからの空気の流れ

エアダスタのストロー先から噴霧が成長していく様子をシュリーレン法で可視化し、高速度カメラで撮影しました。
空気の流れが鮮明に捉えられています。空気ですから、噴霧は無色透明です。。
第2コマではノズルからの出射された噴霧の先端が空気の抵抗のため丸くなっていることが分かります。
噴霧の先端は、いったん広がった(第3,4,5コマ)後に定常状態に落ち着きます(第6,7,8コマ)。
定常状態の噴霧は、流れが波打っており微細構造が観測されました。

 



トップページに戻る